[PR]

 スポーツ仲裁裁判所(CAS)は21日、リオデジャネイロ五輪に絡んだ係争を迅速に処理するため現地に21日まで開設した臨時出張所で、計28件の仲裁申請を処理したと発表した。2000年シドニー五輪の15件を上回る過去最多となり、国ぐるみのドーピング問題で揺れたロシア選手の参加資格に関する訴えは16件を占…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも