[PR]

 親がどんな魚なのか長年ナゾとされていた幼生の正体を、中央水産研究所や九州大などの研究チームが突き止めた。全長が20センチを超す「巨大な幼生」だが、親も巨大魚というわけではなかった。

 この幼生は、1950年代にカナダ沖の太平洋で発見され、75年に新種の魚として論文に報告された。体は半透明で、ヌルヌ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも