[PR]

 検事を補佐する検察事務官になって25年。宮城県で犯罪被害者や遺族らの話を聞く毎日を送ってきた。交通事故の遺族からは何度も「なぜ死刑を求刑できないのか」と詰め寄られた。「自分に隙があった」と嘆く性犯罪被害者や「息子が事故死した責任は自分にある」と思い詰める親もいた。

 被害者や遺族を「どう癒やすこと…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも