[PR]

 東京電力は25日、年明けにも福島第一原発2号機の原子炉格納容器にロボットを投入すると発表した。最難関とされる溶けた核燃料の取り出しに向け、燃料の位置や広がりを探る。東電などは調査結果をもとに、2018年度にも取り出し方法を決め、21年から取り出し始める計画。だが、予定通りに進んでもロボットの投入は…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも