[PR]

 連合は25日の中央執行委員会で7月の参院選をめぐり、野党共闘について「保守基盤を崩すには至らなかった」と総括した。主に支援している民進党の選挙結果は「生活に直結する政策を期待する有権者の意識との乖離(かいり)が、支持が広がらなかった要因の一つ」と分析した。

 共産党などとの野党共闘について、総括は…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも