[PR]

 女と男の関係をさぐる切り口として「不倫」を取り上げてきた今シリーズ。読者の皆さんから150通余りの投稿をいただき、4月から一緒に考えてきました。「人はなぜ不倫をするのか」。科学者らに取材し、このタイトルの新刊を出したライター亀山早苗さんに聞きました。

 ■結婚、恋愛を続けることではない 千人以上取材・亀山早苗さん

 「結婚しなければ不倫もない」。新刊のインタビューで社会学者の上野千鶴子さんに指摘され、亀山さんは目からうろこがおちた。上野さんいわく、結婚とは「自分の身体の性的使用権を、生涯にわたってただ一人の異性に譲渡する契約」。「結婚という制度にのると世間的にはラクだけれど、人の気持ちは縛れない」と亀山さんは話す。

 今回のシリーズに寄せられた読者の意見を読み、「結婚したら生涯一人を愛し続けるもの」という価値観の根強さに驚いたと感想をもらした。自分の気持ちも相手の気持ちも変わらないなんて、なぜ信じられるんだろう、と。

 亀山さんは、千人を超す不倫の…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

こんなニュースも