[PR]

 クロード・ルルーシュといえば、古い映画ファンなら、まず「男と女」(1966年)を思い浮かべるに違いない。それぞれ連れ合いを亡くした男と女の切ない恋物語が、斬新な映像とフランシス・レイの名曲と相まって、私たちを陶酔させずにおかなかった。

 これは「男と女」の系列に属する作品である。ルルーシュの脚本・…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも