[PR]

 無職 細見大三郎(群馬県 71)

 私は戦争を知らないが、その「爪痕」は今も鮮明に覚えている。

 私が育ったのは神奈川県の小田原だったが、戦後の貧しさゆえに体験したことがいくつかある。ランドセルは、父親が持っていた軍用の背嚢(はいのう)を改造したもの。「純皮製だから誰よりも上等だ」と諭されたときは…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら