[PR]

 ●勝川俊雄著『魚が食べられなくなる日』 日本の天然資源の漁獲量は今、最盛期だった1970年代の4割弱! 「魚の日本離れ」と言うべき事態が起きている。乱獲による水産資源の減少、高齢化と労働者不足など日本漁業全体の衰退も深刻だ。漁獲枠の設定・管理による水産資源の確保など、豊かな魚食の文化を守る方策を…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも