[PR]

 ■ぼそぼそと読む茫漠の世界

 吉行淳之介は、彼以前にも彼以後にも類を見ない、繊細で独特で、果てしなく寂寞(せきばく)とした、風味のいい作家だ。彼の小説にでてくる男たちはみんなつかみどころがなく、女たちはなおのことつかみどころがない。登場人物同士の理解の放棄は前提であり、そこから初めて見えてくる景色…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも