[PR]

 アジア初のノーベル文学賞を受けたインドの詩聖タゴールが、大歓迎のなかに初来日して今年で100年になる。3カ月にわたって滞在し、行く先々で即興の短詩や警句をたくさん残した。

 それらを集めた「迷える小鳥」(藤原定訳)は、珠玉の言葉がひしめく宝石箱だ。たとえば、〈ハンマーの打撃ではなく、水の踊りが歌い…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら