[PR]

 企業のデザイナーらが障害者にも使いやすい製品の発想を競う「48時間デザインマラソン」の発表会が3日、東京都港区で開かれた。2020年東京五輪・パラリンピックを見据え、バリアフリーや共生社会に向けてアイデアを出し合った。

 大手自動車メーカーなど25社から参加したデザイナー約50人が6チームに分かれ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも