[PR]

 将棋界に、次代を担う新星が誕生した。3日に史上最年少でのプロ入りを決めた藤井聡太(そうた)三段(14)は、ずば抜けた実力で早くから周囲の期待を集めてきた。▼1面参照

 1987年に始まった三段リーグ戦は年2回あり、半年にプロになれるのは約30人中2人という難関。佐藤天彦名人(28)も抜けるのに4年…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも