[PR]

 世界反ドーピング機関(WADA)は2日付で2015年の年間報告書を発表し、薬物違反は約850件だったと明らかにした。血液データを蓄積した「生体パスポート」を用いた検査では30人以上が処分された。年間経費は2750万ドル(約28億6千万円)だった。(時事)