[PR]

 フィリピン南部ミンダナオ島のダバオ市で2日夜に起きた爆発事件で、現地のイスラム過激派アブサヤフが犯行を認めた。地元テレビが報じた。ドゥテルテ大統領が計22年務めた市長時代に治安改善に取り組み、「フィリピンで最も安全な都市」と呼ぶダバオのイメージを壊し、政権に打撃を与える意図があるとみられる。

 警…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも