[PR]

 三味線で曲を弾くと自動で楽譜ができあがる装置を、八戸工業大学大学院(青森県八戸市)の小坂谷壽一教授(64)が完成させた。三味線の曲には楽譜が残っているものが少なく、消えていく曲も多い。小坂谷教授はこの装置を使って津軽三味線をはじめとした民謡のデータベース化に取り組んでいる。

 三味線の曲の多くは…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも