[PR]

 公立美術館で大規模個展を開くことは、美術家にとって実績であり、節目にもなる。京都が拠点の金氏徹平(かねうじてっぺい)は37歳にして早くも2度目の開催。今回、「他者とのつながり」という方法を試みている。

 例えば、籠やパイプ、漏斗といったカラフルな日用品を積み上げ、そこに白いペンキなどを流しかけてつ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも