[PR]

 新派の写実芸を築き上げた、喜多村緑郎という、演劇史上の伝説的な名跡が55年ぶりに復活した。市川月乃助の二代目襲名が、昼夜の口上で披露される。

 名女形だった先代とは、芸域も柄も違う新・緑郎は、10年後、20年後を見据えながら、温故知新のイメージを築いてゆくだろう。劇団新派に手薄だった次代を担う若き…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

こんなニュースも