[PR]

 名作「一谷ふたば軍記(いちのたにふたばぐんき)」の全体像を見せられるのは、文楽だけである。今回の東京・国立劇場公演は、その「一谷」大序から三段目までの通し上演である。「一谷」は三段目までが並木宗輔の絶筆、四、五段目はつけ足しで、江戸期の再演以後、三段目までの曲として定着してきた。

 東京での通し上…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

こんなニュースも