[PR]

 ■リスナー惑わす、入れ子構造

 小島信夫(1915~2006)というのはまことに奥行きの不思議な作家で、『小島信夫短篇集成』の中にも私自身解説を書かせていただき、特に『郷里の言葉』という作品について、言葉そのものを彼が多重に受け取る傾向を持っていた可能性を考えたことがある。彼の郷里・美濃では注意深…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら