[PR]

 パラリンピック開幕前から、疑問に思っていたことがあった。大会中、競技用の義足や車いすが壊れたとき、選手は一体どうするのか、と。

 困った彼らを助ける「駆け込み寺」が選手村の一角にあった。ドイツの義肢装具メーカー、オットーボック社が運営する修理サービスだ。部品代、修理費はすべて無料。1988年のソウ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも