[PR]

 この夏、不思議な小説を読んだ。「シニアの品格」(小屋一雄 小学館)だ。

 出世街道から外れた壮年のサラリーマンがテニスサークルで「古井戸よろず相談」とあだ名される老人と出会う。自分を貶(おとし)めたと思う人々への不満をぶつけるが、要領を得ない老人の対応に最初はいらだつ。だが老人に促され、ものは試し…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類有料会員記事会員記事の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも