[PR]

 発がん性物質「オルト・トルイジン」を扱う工場の従業員らが膀胱(ぼうこう)がんを発症した問題で、厚生労働省は21日、別の発がん性物質も発症に関連した可能性があると発表した。

 オルト・トルイジンを扱う三星化学工業(東京)の福井県の工場で従業員らが膀胱がんを発症したことを受け、厚労省はオルト・トルイジ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも