[PR]

 夢の原子炉を目指した「もんじゅ」が、ほぼ稼働しないまま、ついに廃炉へ向かう。国策に協力してきた地元自治体は戸惑い、国の説明不足に憤りの声をあげた。反対し続けた人たちは歓迎するとともに、費やした多額の国費を「壮大な無駄遣いだった」として、国の対応の遅さを批判した。▼1面参照

 「不安や戸惑いを感じ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも