(インタビュー)世紀の新薬、未来へ 京都大学名誉教授・本庶佑さん

有料会員記事

[PR]

 全く新しいがん治療薬「オプジーボ」は、日本の大学の基礎研究から生まれ、日本の製薬会社が世界に先駆けて製品化し、注目を集めている。これからも生命科学の研究から新たな芽が生まれ、人々の役に立っていくためには、何が必要か。今回の経験から学ぶべきことを、ノーベル賞候補とも目される生みの親に聞いた。

 ―…

この記事は有料会員記事です。残り3521文字有料会員になると続きをお読みいただけます。