[PR]

 自民党総裁選の告示を4日後に控えた1982年10月12日、党内の不協和音で迷走を続けた鈴木善幸内閣は退陣を表明した。

 「三角大福中」と呼ばれた党有力者の最後の一人、中曽根康弘(98)が予備選で圧勝。本選を経ずに11月25日、総裁となる。

 原動力は、またも田中角栄元首相の派閥だった。組閣を前に…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも