[PR]

 作家の五木寛之さん(84)が、1969年から「週刊現代」(講談社)で断続的に連載した大河小説「青春の門」の続編が、来年1月から同誌で始まる。第9部に相当する「新 青春の門」として、23年ぶりの再開となる。

 「青春の門」は戦争中に福岡・筑豊の炭鉱町に生まれた伊吹信介(しんすけ)らの青春群像を描いた…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも