[PR]

 国立演芸場の名人会が400回を迎え、これを祝って各演芸団体の大物が顔をそろえた。最も若い春風亭一之輔は「重鎮ばっかりで楽屋は介護施設みたい」と笑わせた(9月25日、東京・半蔵門)。

 記念の会とはいえセレモニーめいたことはなく、会は淡々と進んだ。一之輔は新米泥棒と親分のやりとりがおかしい「鈴ケ森」…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも