[PR]

 欧米を中心に、原発黎明(れいめい)期の1950年代から、高速増殖炉を中心とする核燃料サイクルの研究が進んだ。原発が増えることで燃料のウランの高騰や不足が懸念される中、燃やした量以上のプルトニウムを生み出す高速増殖炉は「夢の原子炉」と期待を集めた。

 しかし、90年代に入って情勢は大きく変わった。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

こんなニュースも