[PR]

 戦後音楽界の巨匠、柴田南雄を再評価する公演が11月7日、東京・赤坂のサントリーホールで開かれる。今年が生誕100年、没後20年。交響曲「ゆく河の流れは絶えずして」の再演を若手指揮者の筆頭格、山田和樹が企画した。「伝統に向き合うことを新しい時代を切り開く力に。会場を若い聴衆の熱気であふれ返らせたい」…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも