[PR]

 環太平洋経済連携協定(TPP)の承認案の国会審議をめぐり、与野党対立が深まっている。民進、共産両党は20日、「与党が強行採決をする可能性がある」として、衆院TPP特別委員会の審議拒否を決めた。山本有二農水相の「強行採決」発言に端を発し、国会の紛糾が続いている。

 ■公聴会開催めぐり紛糾

 民進…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも