ラグビー人気を支え、日本代表の司令塔として活躍した平尾誠二(ひらお・せいじ)さんが20日、京都市内で死去した。53歳。病気療養中だった。所属先の神戸製鋼によると、死因などは遺族の許可を得た後に公表される予定という。▼スポーツ面=ラグビー界の太陽

 京都市出身。京都・伏見工高3年時に全国高校ラグビー…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも