[PR]

 7月の参院選で「一票の格差」が最大3・08倍だったのは投票価値の平等を定めた憲法に違反するとして、弁護士グループが選挙の無効を求めた訴訟の判決が20日、二つの高裁・支部であった。大阪高裁(中村哲〈さとし〉裁判長)は「違憲状態」、福岡高裁那覇支部(多見谷寿郎裁判長)は「合憲」と判断が分かれた。

 一…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも