[PR]

 米ワシントンで19日、米韓外交・国防閣僚会合(2プラス2)が開かれ、北朝鮮の核・ミサイル開発を「直接的な脅威」と位置づける共同声明が発表された。こうした表現が米韓の共同文書で使われるのは初めてで、両国は差し迫った危機感を鮮明にした形だ。

 会合には米国のケリー国務長官、カーター国防長官、韓国の尹…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類有料会員記事会員記事の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも