[PR]

 ■1974年・準々決勝

 夏の甲子園から、およそ2カ月後、鹿児島実と東海大相模は再び相まみえた。

 茨城国体の準々決勝だった。先攻の鹿児島実は定岡―井上のバッテリー。東海大相模はのちにプロ野球の日本ハムなどで活躍した岡部が先発して始まった。全国選手権での名勝負で、すっかり人気者になっていた定岡や原…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも