[PR]

 大きな祭りが開かれていた街で突然、爆発音が響き、火の手が上がった。宇都宮市中心部で23日にあった連続爆発事件。死亡した容疑者の男の靴下には遺書が挟まれていたという。被害者2人の体には金属片が刺さり、中高生らの祭り行列が近くを通る予定の時間帯でもあった。居合わせた人たちは恐怖を口にした。▼1面参照

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも