[PR]

 最大震度6弱の地震で被害を受けた鳥取県で、復旧に向けた作業が相次いで始まった。自治体は、建物の危険度の判定や罹災(りさい)証明の受け付けなどを急ぎ、県内外からのボランティアも23日、各地で活動した。ただ、避難所では650人以上(23日夜時点)が身を寄せている。

 気象庁によると、21日午後の震度6…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも