[PR]

 1989年に中国・北京で民主化運動が弾圧された天安門事件で、27年の刑期を終えたはずの最後の受刑者とみられる男性の出所が、1週間たっても確認できていない。長期の拘禁で精神を病んでいるとの情報もあり、関係者が気をもんでいる。

 男性は、河北省出身の工場労働者だった苗徳順さん(51)。火のついた装甲車…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも