[PR]

 末期がんで余命2カ月を宣告された母とその家族をめぐる物語。商業映画デビュー作となる中野量太監督のオリジナル脚本を読み、出演を即決した。

 「ラストシーンの衝撃と、脚本を大切に書いているのがすごく伝わってきた。自分の母親のことも含めて死というものは平等に皆に訪れるもので、死に際ということをすごく考え…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも