[PR]

 今年、没後20年の政治学者・丸山真男(1914~96)は世界でどのように見られ、丸山は世界をどう見ていたのか。そんな観点で議論するシンポジウムが先月、東京都杉並区の東京女子大で開かれた。丸山の著作の翻訳が進んでいる韓国では、「戦後日本の民主主義のリーダー」という評価の一方で強い批判もあるという。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも