[PR]

 被爆地・長崎で、従来の平和運動と、それに対抗する運動とがせめぎ合うようになったのは、いつからだろう。

 「平和祈念式典への緊急要望」。長崎原爆の犠牲者を悼む今年8月9日の祈念式典を目前にした5日、「長崎の原爆展示をただす市民の会」が市長あてに要望書を出した。「平和への誓い」を読み上げる被爆者代表の姿勢に強い違和感を覚えるとして、人選の変更などを求めたのだ。

 被爆者代表が誓いの中で「アジアへの加害責任にも言及」などと報じられていた。ただす会は「長崎市民のコンセンサスを得たものとは認められない」と反発した。

 こうした行動は、初めてではな…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも