[PR]

 戦争や災害、事故で生き延びた人が犠牲者に対して抱く罪悪感「サバイバーズ・ギルト」。2001年の米国同時多発テロ事件や11年の東日本大震災などで注目されるようになった言葉だ。そうした罪悪感や恥の意識を描いた鴻上尚史作・演出の舞台「サバイバーズ・ギルト&シェイム」が11日~12月4日、東京・新宿の紀伊…

この記事は有料会員記事です。残り666文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り666文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り666文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

こんなニュースも