[PR]

 「仮名手本忠臣蔵」3カ月連続の2カ月目で、場割と一座の顔ぶれは最も定番感がある。「落人(おちうど)」での花道からの出や、「七段目」の九太夫と伴内の入り込みなどは、珍しい。

 尾上菊五郎の「五段目」「六段目」の勘平と、中村吉右衛門の「七段目」の由良之助は、現在を代表する歌舞伎芸。約30年前の世代交代…

この記事は有料会員記事です。残り628文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り628文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り628文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
こんなニュースも