[PR]

 三島由紀夫にとって、「生長の家」は身近な存在だったようだ。創始者である谷口雅春の著書「占領憲法下の日本」(1969年5月)に、三島が序文を寄せている。

 〈谷口雅春師の著書「生命の実相」は私の幼時、つねに病める祖母の枕頭(ちんとう)に並んでいた〉

 谷口は「占領憲法破棄・明治憲法復元」を説いた。同…

この記事は有料会員記事です。残り1066文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1066文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1066文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
こんなニュースも