[PR]

 鈴木君はあいかわらず調子のいい男である。今日は金田の事などはおくびにも出さない、連(しき)りに当り障(さわ)りのない世間話を面白そうにしている。

 「君少し顔色が悪るいようだぜ、どうかしやせんか」

 「別にどこも何ともないさ」

 「でも蒼(あお)いぜ、用心せんといかんよ。時候がわるいからね。よるは…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも