[PR]

 18世紀半ば、一人の若き秋田藩士が藩命で江戸に上り、西洋と東洋の最先端の画法を用いた「秋田蘭画(らんが)」を生み出した。その先駆的な道のりをたどる「世界に挑んだ7年 小田野直武(おだのなおたけ)と秋田蘭画」展が16日から、東京・六本木のサントリー美術館で開かれる。

 若き藩士の名は小田野直武(1…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類有料会員記事会員記事の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも