[PR]

 原油価格の国際指標となる「米国産WTI原油」の先物価格が、約2カ月ぶりの安値水準になった。石油輸出国機構(OPEC)の減産協議が難航しているうえ、トランプ米次期大統領の政策が、原油の需給に影響する可能性があるとの警戒感があるためだ。

 14日のニューヨーク商業取引所では、原油先物相場が3営業日連続…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類有料会員記事会員記事の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも