[PR]

 北海道斜里(しゃり)町教育委員会は15日、知床半島にある「チャシコツ岬上遺跡」の9世紀ごろの地層から、奈良時代の銅銭「神功開宝」が出土したと発表した。国内最北の出土例といい、町立知床博物館は「北方のオホーツク文化が、北海道南部を経由して本州の律令国家と交流していた可能性を示す重要な発見だ」としてい…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類有料会員記事会員記事の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも