[PR]

 厚生労働省の部会は15日、食肉処理場で実施されている生後48カ月超の国産牛での牛海綿状脳症(BSE)検査を原則廃止することを了承した。広く意見を募るパブリックコメントなどを経て関係省令を改正し、来年4月から廃止する予定。脚がふらつくといった運動障害などがある生後24カ月以上の牛を対象とする検査は続…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類有料会員記事会員記事の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも