[PR]

 (福岡国際センター)

 白鵬が万全の相撲で通算1千勝を決めるなど、3横綱は安泰。綱とりの豪栄道は嘉風を寄せつけず、3連勝。大関昇進を目指す高安は新小結の御嶽海を下し、白星先行。遠藤は2日続けて大関を撃破した。カド番の照ノ富士に初日が出た。

 ■(東西トーザイ)綱で712勝、耐えた重圧

 白鵬はどんな心持ちで白星を積み重ねてきたのか。

 「やっぱり、地位が人を作る。負けてはいけない立場ですから。自分を奮い立たせていかないと」

 朝げいこのあと、こう話してくれたが、白鵬でないと説得力のない言葉だ。1千勝のうち、712勝を横綱の地位で挙げている。途方もない重圧に長く耐え続けての達成という点に、今回は特に値打ちがある。

 3日目も、全休明けの場所とは、これっぽっちも感じさせない相撲を続けた。魁聖とは9戦全勝。同じ一門でけいこもし、相手の勝手は分かっている。がっちりと右四つに受け、さっと魁聖の上手を切った。タイミングを計って上手投げ。大きな節目を堪能するかのような勝ちっぷりだった。

 横綱千代の富士(前九重親方、7月に急逝)と、大関魁皇(浅香山親方)が達した1千勝。この日、土俵下に浅香山親方が審判でいた。「(魁皇とは)同じ土俵を過ごし、すごい記録だと思った。まさか自分が3人目になるとは……」。6年前、千代の富士の53連勝を超えた際は、抜かれた当の親方が「これからだ」と励ましてくれた。「今何といってくれるか、聞いてみたかった」

 先人を思い、感慨にふけった白鵬。「1千勝は口にしないと達成できない」ともいった。花道でこれ以上ないくらい細めた目は今度、遠くに何を見るのか。31歳での達成は先の2人に比べ若い。通算最多勝は当然、視野に入る。

 (隈部康弘)

 ●魁聖 白鵬に10連敗で記念の白星を献上。「ずっと変わらず、相変わらず強い。全然残れなかったですね」

 <元大関魁皇の浅香山親方> 「長く相撲を取っただけの俺とは全然違う。比べものにならないし、申し訳ないくらい。今日も力強い相撲。白鵬はまだまだ若いし、通過点だと思う」

 ■豪栄道3連勝

 綱とりの豪栄道は相性の悪い嘉風を圧倒した。仕切りでにらみ合い、「気合で負けないようにやった」。立ち合いで頭から低く当たり、左で突くと、嘉風がひざから崩れ落ちた。前日の高安戦に続き、相手のバランスを崩しての完勝に「圧力がかかっていると思う」。隙のない内容での3連勝に納得の表情だった。

 ■遠藤、連日大関を撃破 稀勢の里破る

 遠藤は稀勢の里に圧勝。「しっかり当たって攻めることだけ考えた」。強烈な右おっつけで相手得意の左を封じ、休まず左のどわ。のけぞったところを攻め、4秒弱で押し出した。前日の照ノ富士に続いての大関撃破。調子を問われると「どうなんですかね」とはぐらかしたが、13勝した先場所の勢いは続いている。

 

 【中入り後】

臥牙丸  3 おしだし    5 千代龍

石浦   1 したてなげ   0 英乃海

千代鳳  6 よりきり    3 豊響

蒼国来  1 うわてだしなげ 0 北勝富

逸ノ城  2 よりきり    1 旭秀鵬

大翔丸  2 つきおとし   1 荒鷲

勢    1 すくいなげ   0 輝

千代翔  1 したてなげ   1 佐田海

貴ノ岩  1 うわてなげ   2 妙義龍

豪風   4 つきおとし   4 宝富士

栃ノ心  4 おしだし    1 千代国

錦木   1 おしだし    1 琴勇輝

正代   4 つきおとし   0 松鳳山

高安   3 くびなげ    2 御嶽海

遠藤   2 おしだし    3 稀勢里

豪栄道  9 つきおとし   9 嘉風

照富士  7 よりきり    3 隠岐海

玉鷲   2 よりきり    6 琴奨菊

鶴竜  17 よりきり    1 碧山

日馬富 24 うわてなげ   8 栃煌山

白鵬  10 うわてなげ   0 魁聖

 【十両】

明生   よりきり  佐田富

里山   したてなげ 小柳

青狼   おくりだし 竜電

山口   おしだし  大翔鵬

朝赤龍  よりきり  旭大星

北太樹  よりたおし 誉富士

北はり磨 ひきおとし 旭日松

東龍   よりきり  安美錦

大砂嵐  よりきり  剣翔

宇良   おしだし  阿夢露

千代皇  おしだし  大栄翔

阿武咲  おしだし  琴恵光

天風   よりきり  徳勝龍

佐藤   つきだし  千代丸

 ■きょうの取組

 (数字は幕内対戦成績、×は対戦なし、…は一方または両方が十両以下、★は好取組。左から15九、16初、春、夏、名、秋)

 千代龍  3 ○●●●……  4 蒼国来

 豊響   1 ……○………  1 英乃海

 臥牙丸  2 ……○●…○  1 大翔丸

 千代鳳    初顔合わせ     石浦

 北勝富    初顔合わせ     逸ノ城

 旭秀鵬  1 ×○××…×  3 妙義龍

 勢    1 …………××  0 荒鷲

 千代翔  1 ……………○  0 豪風

 貴ノ岩  2 …○……○×  0 輝

 佐田海  0 ………×●●  2 錦木

 栃ノ心  3 ×○××○×  0 琴勇輝

 千代国    初顔合わせ     宝富士

 嘉風   7 ×○××○×  2 松鳳山

★隠岐海  3 ×○××●●  9 高安★

★遠藤   1 ××…×××  4 琴奨菊★

 稀勢里 23 ○○○×●○ 14 栃煌山

★御嶽海  0 ××××●×  1 豪栄道★

 照富士  1 …××●●○  2 正代

 玉鷲   0 ××××××  5 白鵬

 鶴竜  10 ×○×○×○  0 魁聖

 碧山   3 ●●●●×● 12 日馬富

 【十両】

小柳  ―明生

青狼  ―里山

佐田富 ―北太樹

山口  ―竜電

朝赤龍 ―大翔鵬

誉富士 ―旭大星

北はり磨―宇良

大栄翔 ―安美錦

旭日松 ―徳勝龍

佐藤  ―阿夢露

東龍  ―琴恵光

千代皇 ―大砂嵐

剣翔  ―千代丸

天風  ―阿武咲

 

 ■通算1千勝達成の3人

 【千代の富士】

達成場所:1990年春

達成年齢:34

初土俵からの場所数:118

引退場所:1991年夏

生涯成績:1045勝437敗159休

最高位:横綱

 【魁皇】

達成場所:2010年夏

達成年齢:37

初土俵からの場所数:134

引退場所:2011年名古屋

生涯成績:1047勝700敗158休

最高位:大関

 【白鵬】

達成場所:2016年九州

達成年齢:31

初土俵からの場所数:94

引退場所:現役

生涯成績:1000勝207敗48休

最高位:横綱

 (白鵬は15日現在)

 ■勝ち星数5傑

《通算》

魁皇    1047

千代の富士 1045

白鵬    1000

大潮     964

北の湖    951

《幕内》

白鵬     906

魁皇     879

千代の富士  807

北の湖    804

大鵬     746

 ■白鵬の勝ち星の内訳

番付       勝ち星 場所数 期間

序ノ口        8   2 01年夏~名古屋

序二段       14   3 01年秋~02年初

三段目       26   6 02年春~03年初

幕下        25   5 03年春~九州

十両        21   2 04年初~春

平幕・小結・関脇 121  12 04年夏~06年春

大関        73   7 06年夏~07年夏

横綱       712  56 07年名古屋~

 (15日現在。序ノ口前の初土俵は番付外の前相撲で、勝敗がカウントされないため除く)

 <訂正して、おわびします>

 ▼16日付スポーツ面の大相撲「白鵬千勝」の記事の表「通算1千勝達成の3人」で、魁皇の生涯成績で「699敗」とあるのは「700敗」の誤りでした。

こんなニュースも